FC2ブログ

ハーブティーとは




ハーブティーの飲み方で健康のため、免疫力をアップさせるため、 ハーブティーを飲んでいるという方もいますよね。

また、ハーブティーの効果として、ぐっすり眠たり、リラックスしたい から、と言った理由でハーブティーを飲んでいる方もいます。

このように、健康に良いことで知られていますハーブティーですが、 美容にも良いと言うことをご存知でしょうか。


その美容効果も話題になり、注目されているのが種類豊富なハーブのお茶である、ハーブティーなのです。

健康と美容は深い関係があります。

「体の中から美しく!」このような言葉を良く耳にしますよね。

要するに外側だけ美しくてもダメ、内側、つまり、体が健康であれば、 外側にも影響してくるというデトックス効果です。

トラブルがあるのなら、ハーブティーの種類と入れ方によって、体の内側から改善して、外見も美しくなると言うことですね。




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ハーブティー 入れ方 ドライとフレッシュ

ハーブの形によって、使う量が変わってきますから、詳しくはパッケージを見ると良いでしょう。
目安としては、細かく裁断されたものは、やや少なめに使うと良いでしょう。
丸ごとのホールのものは、そのままポットに入れましょう。

次にお湯を注ぎますが、熱湯ではないほうが良いと言われています。
沸騰させてから、少しだけ置いたお湯をハーブが入ったポットに入れます。
すぐに蓋をして5分ほどそのまま待ちましょう。
すばやく蓋をするのは香りを閉じ込めるためです。
我が家はこの時に蓋を開けて、香りをわざと楽しんでいます。
ハーブティーの風味がなくなりますから、時間を5分以上置かないようにしたいものです。

次に、生の葉っぱや枝を使ったハーブティーである、フレッシュティーの入れ方をご紹介します。
ハーブは洗って水気を切ります。
あまり硬い茎、枝はやめて葉だけ使いましょう。
柔らかい枝はそのまま使えます。
あまり細かくせず、ポットに入るくらいに切ると良いでしょう。
生のハーブはその形や色も楽しめますから、細かく刻むとつまらないと私は思います。
また、葉を刻みすぎると青い汁が出てくることがあり、風味が台無しになることもあります。

生のハーブの分量ですが、だいたいティースプーンに三杯ぐらいが1人分でしょう。
目安はドライの3倍が適量と言われています。
ドライのときと同じようにお湯を注ぎ、5分ほど待ったら出来上がりです。

スポンサーサイト

ハーブティー トラックバック:- コメント:-

<< 「ペニーロイヤル」は妊娠中、授乳中の方は避けたほうが良いハーブ | ハーブティーの入れ方や飲み方と効果.comTOP | ハーブティー 飲み方 カモミール >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。