FC2ブログ

ハーブティーとは




ハーブティーの飲み方で健康のため、免疫力をアップさせるため、 ハーブティーを飲んでいるという方もいますよね。

また、ハーブティーの効果として、ぐっすり眠たり、リラックスしたい から、と言った理由でハーブティーを飲んでいる方もいます。

このように、健康に良いことで知られていますハーブティーですが、 美容にも良いと言うことをご存知でしょうか。


その美容効果も話題になり、注目されているのが種類豊富なハーブのお茶である、ハーブティーなのです。

健康と美容は深い関係があります。

「体の中から美しく!」このような言葉を良く耳にしますよね。

要するに外側だけ美しくてもダメ、内側、つまり、体が健康であれば、 外側にも影響してくるというデトックス効果です。

トラブルがあるのなら、ハーブティーの種類と入れ方によって、体の内側から改善して、外見も美しくなると言うことですね。




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

「ペニーロイヤル」は妊娠中、授乳中の方は避けたほうが良いハーブ

「ペニーロイヤル」は妊娠中、授乳中の方は避けたほうが良いハーブ

その昔、中絶が法律で禁じられていましたので、堕胎させようと、ペニーロイヤルが使われたそうです。
そして、多くの女性がこの、堕胎を目的とした間違ったハーブの使い方で亡くなっていることも事実です。

今でも、一部の間では、中絶の効果がペニーロイヤルにはあるのではないかと言われています。
間違った情報を得て、堕胎を目的に、このハーブティーを沢山飲んでしまう人もいるのではないでしょうか。

ですが、覚えておきたいことは、そうした用途で使用した場合、最悪のケースになれば、死亡してしまうほど危険なものなのです。


致死量にほど近い量のペニーロイヤルを使った際に、堕胎が誘発されるそうですから、この方法で堕胎することは命に危険が生じます。
また、ペニーロイヤルを使っても中絶に至らず、健康な赤ちゃんを産んだ実例もあるようですから、このハーブと中絶の関係はあまり信用できません。
ですが、摂取しすぎると体に毒だということは立証されています。

とにかく、妊娠中、授乳中の方は避けたほうが良いハーブですね。
ハーブティーとして使用する場合、副作用が無くて良いと言うことも言われていますが、例えば、皮膚に直接付けるなどの使い方をする場合は注意が必要です。
精油は素人が安易に使わないほうが良いでしょう。
なぜなら、ペニーロイヤルの精油は毒性がとても強いため、肌に塗ることはやめたほうが良いでしょう。
もし、皮膚に直接、塗った場合、「皮膚炎」になるケースがあります。


ハーブティーの入れ方や飲み方と効果.com

スポンサーサイト

ハーブティー トラックバック:- コメント:-

<< エキナセアのハーブティーは、アメリカでは広く飲まれています | ハーブティーの入れ方や飲み方と効果.comTOP | ハーブティー 入れ方 ドライとフレッシュ >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。